京都、八坂通の京料理、割烹 祇園 さゝ木
by gionsasaki
最新の記事
カテゴリ
以前の記事
検索
外部リンク
画像一覧
その他のジャンル

<   2015年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

お子様向けイベント第3弾は「お米のお話」。

“祇園 さゝ木”キッズ体験イベント
「お米ができるまで」


5月10日(日)、滋賀県蒲生郡日野町の、深山口(みやまぐち)地区で開かれた
京都市内のボーイスカウト、ガールスカウトの皆さんによる「田植え」の
実施レポートは、こちらをご覧ください。
http://gionsasaki.exblog.jp/21795067/


先日、6月20日(土)には、
「お米ができるまで」のお話を聞く会が、
深山口(みやまぐち)地区の会場で開かれました。
d0284244_1534716.jpg
まずは田植えの場所提供者であり、
佐々木の同級生である野田昌生さんが
「籾(モミ)から籾(モミ)へ」というテーマで子どもたちにお話をしました。

「9月に行われる稲狩りの後に、脱穀をして実の部分だけを取り出したら、
 籾になります。籾には殻が付いていて、種子としての機能が残っています。
 この籾を翌年の3月まで残し、種蒔きすると、発芽して再び、苗になるのです。
 その苗を、次のシーズンの田植えに使います」。

d0284244_154930.jpg
さらには。籾の状態から殻を剥いたものが、“玄米”であるということ。
また、玄米の表面を削った(精米作業をしたもの)が、
一般に流通している “精米”であることを、分かりやすく説明して頂きました。


d0284244_155387.jpg
「いつになったら稲刈りができるの?」という子どもたちの質問には、
「田植えをした後、稲に花が咲き、穂となり、
 穂が垂れてきて黄金色になったら、稲狩りの時期なんですよ」と野田さん。
実際にお米ができるまでの、農家さんならではのお話に
子どもたちは興味津々です。


d0284244_1544997.jpg
その後は、佐々木による「おいしいお米」についてのお話も。
子どもたちからは、
「何歳の時に、料理人になろうと思ったのですか?」
「お米の美味しい炊き方は?」と、活発な質問が飛び交いました。

d0284244_1561357.jpg


次回は7月18日(土)に
田んぼの「草刈り」を実施します。
子どもたちが植えた稲が良く育つように
田んぼの雑草を抜きます。また、畦(あぜ)の草は害虫のすみかになるので、
こまめに草を刈って害虫の発生を予防します。

その模様も追ってレポートいたします!
[PR]
by gionsasaki | 2015-06-30 15:07 | イベント

6/13(土)開催の「食彩市」に祇園さゝ木が参加します!

明日6月13日(土)、
京都市中央卸売市場にて開催される、「食彩市」に
「祇園さゝ木」が参加します。

「食彩市」とは、毎月第2土曜日に行われる市場の一般開放イベントです。
普段は業者しか入れない市場を一般開放し、
マグロの解体ショーや、水産仲卸店舗による魚介類の販売など、
さまざまな催しが目白押しです。

場内では「一般社団法人 全日本・食学会」のキッチンカーを設置し
d0284244_1959416.jpg


市場の魚介類を使った、
この日だけのとっておき、祇園さゝ木の「はも天丼」を
お手軽価格にて提供します。

d0284244_200222.jpg


皆様のご来場、お待ちしております!


■提供料理
はも天丼 600円


■開催日時
2015年6月13日(土) 10:00~12:00
※400食限定。売り切れ次第終了。


■場所
京都市中央卸売市場第一市場
(京都市下京区朱雀分木町80番地)
[PR]
by gionsasaki | 2015-06-12 17:52 | イベント

佐々木浩の「とっておき酒のつまみ」を発行しました

2015年5月28日発売。
「京都 祇園さゝ木 主人・佐々木浩のとっておき酒のつまみ」
d0284244_1253851.jpg
佐々木が、家で自分の一杯のために、
あるいは訪ねてきた友人のために、
おいしいお酒の友として、ささっと作っている「酒肴」を
一冊の料理本にまとめ、この度発行させて頂くことになりました。

「和えるつまみ」や「焼くつまみ」から、「〆の一杯」まで調理法別に展開。
日本酒のみならず、ワインやビール・焼酎、ハイボールなど
普段の晩酌にぴったりの、つまみ全60品を、ご紹介しています。
作り方はもちろん、お酒とのマッチングの妙も知って頂ける一冊です。

料理撮影は佐々木が絶大なる信頼を寄せている
京都在住のカメラマン「ハリー中西」さんにお世話になりました。
ハリー中西さん、いつも誠にありがとうございます!


皆さまの家飲みぜひ、お役立て頂けたらと思います!


「京都 祇園さゝ木 主人・佐々木浩のとっておき酒のつまみ」
佐々木 浩 (著)
定価 : 本体1,250円(税別)
出版社: 講談社
発売日:2015/5/29
単行本(ソフトカバー): 112ページ
[PR]
by gionsasaki | 2015-06-08 12:53 | 祇園 さゝ木