京都、八坂通の京料理、割烹 祇園 さゝ木
by gionsasaki
最新の記事
カテゴリ
以前の記事
検索
外部リンク
画像一覧
その他のジャンル

<   2016年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧

料理人のための勉強会を「祇園 さゝ木」にて実施。

日本の食・食文化を世界へ発信する、料理人を中心とした学会組織
「一般社団法人 全日本・食学会」。http://www.aj-fa.com/

d0284244_18292835.png


佐々木浩は、この学会の理事を務めさせていただいています。

全日本・食学会は 現在、「①発信活動」「②交流活動」「③研究活動」柱として、
さまざまな取り組みを行っています。
そのなかのひとつに「AJFA勉強会」という
料理人の知識向上などを目的とした勉強会があります。


2016年8月〜10月、月に1回のペースで
この「AJFA勉強会」を、「祇園 さゝ木」のカウンターで実施しました。


8月23日(金)には、辻調理師専門学校 技術顧問(西洋料理)の
木下幸治先生を講師に迎え、
「いろんな料理ジャンルに応用できる
 フランス料理のソースと古典スイーツ」という勉強会を実施。
http://www.aj-fa.com/event/2016/2998.html

d0284244_1827851.jpg


d0284244_18271763.jpg



9月末には
近藤文夫さん(てんぷら近藤/東京・銀座)を講師に迎え、
「素材の特性に合わせた天ぷらの揚げ方」をテーマに、
江戸前のてんぷらについての講義と実演、試食を開きました
http://www.aj-fa.com/event/2016/2963.html

d0284244_18275658.jpg


d0284244_1828721.jpg



そして、10月初旬には
「蕎麦、三者三様」をテーマに、
「更科 堀井(東京・麻布十番)」の堀井良教さんを迎え
二八蕎麦、更科蕎麦、混ぜ込み系の蕎麦の打ち方の講習と実演を展開。
d0284244_1828306.jpg


d0284244_18283888.jpg
いずれも参加者は、当学会の会員である料理人の皆さんが中心です。
このように、年齢も料理ジャンルも異なる、料理人たちが、
自身のスキルを上げるべく日々、切磋琢磨し交流している「全日本・食学会」。

日本の食、そして食文化の将来を考えるなど、
食を通じて社会貢献する団体ではありますが、

このように料理人のための勉強会を開き、
発展してきた料理の技術を、さらに進化・成長させることで、
ひと皿ひと皿の中の感動を、お客様へお届けしたいと考えます。
[PR]
by gionsasaki | 2016-10-20 10:53 | 祇園 さゝ木